梅雨時期は頭皮ケアが特に大切!湿気が抜け毛を増やすって本当?

梅雨のイメージ

じめじめする梅雨は、あまり気分がすっきりしませんね。そのうえ男女を問わず、抜け毛が増える時だともいわれます。なぜ梅雨時には抜け毛が増えるのか、梅雨時の頭皮ケアのやり方を知って効果的な頭皮ケアを始めましょう。

梅雨の湿気と高温と紫外線が抜け毛の原因

頭皮の大敵は湿気です。梅雨時になると一気に湿度が上がり、頭皮環境が悪化します。というのも、梅雨時は湿気だけでなく気温も上がるからです。高温多湿の状態が長く続くと汗をたくさんかき、汗と汚れで頭皮上は雑菌が繁殖しやすい状態になるのです。

雑菌が繁殖した頭皮からは嫌な臭いもしますし、正常なヘアサイクルが破壊されてしまいます。髪の毛が抜けても次に生えてくる新しい髪の毛ができず、薄毛が進行することもあるのです。

紫外線で皮脂分泌がアップするので、抜け毛が増える

梅雨時から次第に増加する紫外線量も、抜け毛の量を増やすといわれます。

強い紫外線を浴びると、紫外線によるダメージから皮膚を守るために頭皮の皮脂分泌量がアップします。これは体の防御機能のひとつで自然なものですが、あまり皮脂分泌が活発になりすぎると頭皮に脂漏性皮膚炎が起きるおそれがあります。

脂漏性皮膚炎の原因は、皮脂が酸化する時の分解物などで皮膚が刺激されることです。頭皮上でマラセチア菌というカビの一種が皮脂を分解する時に、酵素や炎症の原因物質を作ります。これが刺激となって、頭皮上で炎症が起き脂漏性皮膚炎になるのです。

マラセチア菌は健康な頭皮にも存在する常在菌の一種です。通常はそれほどの量は存在しませんが、梅雨時に皮脂分泌の量が増えるとそれをエサにして増殖することがあり、脂漏性皮膚炎を起こして抜け毛を増やすことがあるのです。

梅雨時のストレスも抜け毛の原因

梅雨時の抜け毛とストレスには深い関係があります。

人間は強いストレスにさらされると、交感神経と副交感神経という2種類の自律神経のバランスが乱れてしまいます。自律神経が乱れる時は交感神経が優位に立つことが多く、無意識のうちに全身の筋肉が緊張します。筋肉が緊張すると、その周囲にある血管から始まり、全身の血行が悪くなります。当然、頭皮も血行不良になってしまいます。

血行不良の頭皮では細胞に酸素や栄養が届きにくく、その結果、抜け毛が増えて発毛が減るということになります。

梅雨時の天気は気温の上下が大きく、体調を崩しやすいものです。天気そのものがストレス源になることもあるのです。

AGAにも悪影響がある可能性が

強いストレスはAGA(男性型脱毛症)の人にとってもいい影響を与えません。

AGAの原因は遺伝的な要素が大きいとされ、ストレスがあるからといって抜け毛が増えるということに直結するわけではありません。しかし慢性的なストレスによる血行不良は、すでに抜け毛・薄毛が始まっているAGAの人にとって、抜け毛の増加や薄毛の進行をさらにうながす原因となり得ます。

梅雨時は湿気対策とともに、生活リズムを維持

梅雨時の湿気と高温を防ぐことは難しいため、頭皮ケアの基本は清潔と通気性の維持になります。

頭皮の洗浄には、週に2~3回お湯だけで洗うことがおすすめです。いわゆる“湯シャンプー”と呼ばれるもので、シャンプーを使用しないで頭皮の汚れと汗を洗い流します。

シャンプーを使って洗うのは週に2回ほどがおすすめです。あまり頻繁にシャンプー剤を使いすぎると頭皮の表面にある皮脂膜が流れてしまい、雑菌の繁殖をうながしてしまうといわれます。

適度な回数のシャンプーで、頭皮の皮脂を守りましょう。そして髪は短くカットすることで通気性をキープします。長い髪よりも短いほうが頭皮への通気性がよくなり、蒸れを防いでくれます。

暴飲暴食を避け、体を冷やさないで抜け毛を防ぐ

中国漢方の世界では、髪の毛は血の余りとしてとらえています。ですから、全身の不調が抜け毛を促進すると考えることができます。

梅雨時の体調管理方法としては、水分を取りすぎないことがおすすめです。また水分だけでなく、食べすぎもつつしむこと。中国医学では飲みすぎ・食べすぎは体内に湿気をためるものなので、梅雨時の体によくないとされます。

お酒はもちろんジュース類も量を控え、冷たいものを飲みすぎないようにしましょう。食事は脂っこいものを減らすこと、生ものも避けて胃腸の冷えを防ぐのが大事です。

おわりに

じめじめとうっとうしい梅雨ですが、この時期に頭皮をケアしていい状態で夏を迎えると、秋になってからの抜け毛の量が変わるといいます。ふだんから抜け毛が気になる人は、頭皮を清潔にして全身の健康管理もおこないましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP