体毛が濃いと薄毛になるって本当?体毛と頭の薄毛に関係性はある?

男性のすね毛

体毛が濃いと薄毛になるといううわさがあるようです。同じ毛なのだから体毛がフサフサなら髪もフサフサになるのでは?と考えそうなものですが、なぜそんな風にいわれているのでしょうか?

実は体毛と髪とは生えてくる仕組みが違うのです。そのため、体毛がフサフサでも髪がフサフサにはならないのですね。ただ、だからといって、必ずしも体毛が濃いと薄毛になるというわけではありません。

このうわさには、薄毛の原因の一つが男性ホルモンであるということが関わっているようです。ヒゲや胸毛は男性的なものですから、男性的イコール薄毛と単純に結びつけたのでしょう。

体毛が濃い人は、夏場などに処理に苦労しているのに、その上薄毛になってしまうのではまさに踏んだり蹴ったりですよね。しかし実際のところ、体毛と髪の関係性はそう単純なものではありません。

男性ホルモンは薄毛の原因となり、体毛が濃い人は男性ホルモンが多いといわれていますが、この二つの事実は必ずしもイコールでは結びつかないのです。

体毛と髪の関係

髪の毛と体毛とは別の仕組みで成長すると説明しましたが、それはそれぞれをつかさどるホルモンが違うということです。髪の成長をつかさどるホルモンは女性ホルモンがメインとなっています。

一方で体毛の成長をつかさどるのは男性ホルモンがメインです。よく男性らしさ、女性らしさを体毛と髪で感じる人がいますが、これは案外正しい感覚といって良いでしょう。

男性ホルモンは主にテストステロンが、筋肉を増やし、骨格を発達させることで男性らしい体つきになり、体毛が生えやすくなります。女性ホルモンでは主にエストロゲンが、胸やお尻に丸みを帯びさせ、髪の毛をあでやかにして成長を促します。

ここで誤解してはならないのが、男性にも女性ホルモンが、女性にも男性ホルモンが微量ではあっても存在するということです。そのため、男性も女性ホルモンの影響を受けますし、女性も男性ホルモンの影響を受けるのです。

薄毛とホルモンの関係

薄毛の原因の一つが男性ホルモンとされていますが、この薄毛の原因となる男性ホルモンは、通常のテストステロンではありません。ジヒドロテストステロンという、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついて変化したものです。

ジヒドロテストステロンは、髪を作る毛母細胞に結合して髪を作る機能を阻害します。このように主にジヒドロテストステロンが原因で薄毛になったものをAGA(男性型脱毛症)と呼ぶのです。

これは女性も無関係ではない脱毛症で、女性の中に存在する男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変わって同じように発症します。こちらをFAGA(女性男性型脱毛症)と呼びます。

通常のAGAがハゲてしまうことが多いのに比べて、FAGAは薄毛になるだけでハゲることはまずありません。これは男性と女性とではホルモン量に違いがあるからだといわれています。

体毛の濃さよりホルモンバランスが大切

体毛をつかさどる男性ホルモンが変質し、薄毛の原因の一つとなることをご説明しました。しかしこのテストステロンから変質したジヒドロテストステロンは、薄毛の原因となるだけの悪い男性ホルモンではありません。

テストステロンと同じように男性的な特徴である体毛や骨格、筋肉の発達を促したり、男児が胎児のときから男性器の発育を助けたりする作用もあるのです。

また、薄毛の原因もこのジヒドロテストステロンだけでなく、他にも遺伝的な要因や、年齢による細胞増殖の衰え、血行不良なども関係しています。確かにジヒドロテストステロンを多く持つ人は体毛が濃い傾向にあります。

しかしテストステロンが多くても体毛は濃くなります。さらに体毛が濃くても、ホルモンのバランスが取れていれば、一方的に薄毛を進行させるものではないのです。

特に女性のFAGAの場合は、女性ホルモンのバランスの乱れによる要因が大きく、男性ホルモンの影響はそう大きくないと考えられています。

おわりに

体毛が濃いと薄毛になるといううわさは、AGAの大きな原因が男性ホルモンであることから生まれたものと考えることができます。薄毛の原因となる男性ホルモン、ジヒドロテストステロンが増えると確かに体毛が濃くなります。

しかし、本来の男性ホルモンであるテストステロンが多くても体毛は濃くなるので、体毛の濃さだけでは区別がつきません。体毛が濃いから薄毛になると考えることはできないのです。

特に女性の場合は、女性ホルモンのバランスの乱れが薄毛の原因となることが多く、体毛の濃さと薄毛の関連性はさして大きくありません。むしろホルモンバランスの乱れの元となる、ストレスや、生活習慣の悪化、食生活の問題などが薄毛を促す原因となります。

ただ、どうしても体毛の濃さから男性ホルモンの多さが気になる場合には、イソフラボンを毎日摂取することで、女性ホルモン優位の状態にすることも可能です。

毎日の生活習慣を改善し、体内のホルモンバランスを整えて、薄毛の原因となる状態を回避するようにしてください。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP