ヘアサイクルってなに?抜け毛とヘアサイクルの関係性を理解しよう

ヘアサイクル

ヘアサイクルの基礎知識

ヘアサイクルとは、髪が発毛してから成長し、そして寿命を終えて自然脱毛に至るまでのサイクルのことを言います。簡単に言い換えると「髪の毛の一生」といったところでしょうか。

ヘアサイクルは四つの期間から成り立っています。

まず「発毛期」、次に「成長期」、その次に「退化期」、最後に「休止期」を迎えます。そして休止期を経て、再び「発毛期」→「成長期」→「退化期」とサイクルを繰り返していくのです。

このヘアサイクルは、薄毛と密接な関係があります。特に男性の抜け毛や薄毛の原因とヘアサイクルは密接にかかわっていて切り離せません。

発毛期

古い毛が新しい毛に押し上げられるようにして脱毛した時から、新しいヘアサイクルが始まります。これが発毛期です。ちなみにこの発毛期は「初期成長期」などと呼ばれることもあります。

新しい髪の毛が生えて来たら、髪は成長期に移行します。

成長期

成長期を迎えた髪は、ぐんぐんと成長していきます。毛母細胞の細胞分裂が活発に行われることで、毛が製造されて上部へと押し出されていくのです。

この成長期は健康な髪であれば、大体2年~7年続きます。

成長の速度は人によってまちまちです。伸びるのが早い人だと、1カ月で1・5センチメートルほど伸びる人もいます。平均的には1カ月に1センチメートル、つまり1年で約12センチメートル髪は成長していきます。

髪の成長スピードですが若い人は伸びるのが早く、加齢に伴い髪が伸びるスピードも少しずつ落ちていきます。

退化期

数年かけて成長した髪は、時を経るごとにだんだんと成長が止まり始めます。これが「退化期」です。「退行期」と呼ばれることもあります。

毛母細胞の細胞分裂機能が衰え、毛球部の毛乳頭から髪が切り離されることで、それ以上成長できなくなるのです。ちなみにこのとき色素細胞の活動も弱まってしまいます。

退化期は2~3週間続きます。

休止期

休止期に入ると、完全に髪の成長は止まります。

ゆっくりと休んで休止期を終えた毛根は、再び発毛期を迎え、新しい髪を製造してくのです。

髪の毛の寿命とは

ヘアサイクルの終わりが、髪の毛の寿命です。つまりは毛根が休止期に入り、自然脱毛に至った時が髪の寿命

では、ヘアサイクルの日数がわかれば髪の寿命がわかるじゃないか!と思われるかもしれませんが、ヘアサイクルは人によって長さがまちまちなのです。また、生えている場所によってもヘアサイクルの長さは変わります。

薄毛や抜け毛が進行すると、正常なヘアサイクルが保(たも)てなくなることがあります。そうすると、髪がきちんと成長できずに髪の毛がやせ細ってしまったり、早く抜け落ちてしまったりするようになるのです。

どんな健康な髪も最後には抜けてしまいます。しかし、なるべく健康な髪を長く頭皮に残すことが、育毛対策では大切になってくるのです。

ヘアサイクルと抜け毛・薄毛の関係

ここからはヘアサイクルと抜け毛や薄毛の関係について詳しく見てきましょう。

ヘアサイクルは、抜け毛や薄毛との関係はありません。髪のトラブルに悩む人の多くは、ヘアサイクルに問題を抱えています。特に全国で約1200万人を超える人が悩まされている男性型脱毛症(AGA)はヘアサイクルの乱れが原因で起こります。

女性の薄毛も関係はなく、特に更年期以降の女性はこうした女性男性型脱毛症(FAGA)に悩まされている方も多いのです。

ではなぜ、ヘアサイクルが乱れると薄毛になってしまうのでしょうか。

男性型脱毛症(AGA)とヘアサイクルの関係

男性型脱毛症(AGA)とヘアサイクルの関係について詳しく見ていきましょう。そのためにはまずAGAのメカニズムを理解する必要があります。

AGAは、男性ホルモンが姿を変えたDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で起こります。このDHTは毛母細胞の増殖を抑制します。つまりは、髪の成長をストップさせてしまうという現象を引き起こすのです。

髪を成長させているのはヘアサイクルにおける「成長期」の期間です。本来なら2~7年続くはずの成長期を、DHTは短縮してしまいます。

それによって、どのような症状が引き起こされるのでしょうか。まず、髪が十分に成長するだけの時間がないので細く弱々しい髪になってしまいます。また長く伸びることもできず、短い髪ばかりが生産されていきます。そうすると、髪の量自体は減っていないのに、見た目がどんどんと薄くなってきてしまうのです。

もちろん成長期が終わるのも早いので、休止期に入るスピードも速くなり、以前よりも髪がどんどん抜けていくことになります。

このように、抜け毛や薄毛はヘアサイクルと密接に結びついているのです。

健康なヘアサイクルが健康な髪を作る

抜け毛や薄毛を改善するためには、まずは乱れたヘアサイクルを正常に戻すことが大切です。

先ほどお話ししたAGAの場合、近年良い治療薬が開発されています。育毛剤などの治療薬をしっかりと使用することで、健康なヘアサイクルを取り戻すきっかけができます。

他にも生活習慣の見直し、食生活の見直しなども効果的です。特に大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをしてくれます。ゴマなどに多く含まれるリグナンにも同様の効果があります。男性ホルモンが増えすぎると薄毛の原因になってしまうので、食事でバランスをとるのも一つの手です。

またDHTが増える原因の一つには過剰なストレスもありますから、ストレスをためないようにこまめに気分転換を行うなどの対処法をとることも大切です。

おわりに

髪の一生を決めるのはヘアサイクルです。ヘアサイクルが乱れてしまっては、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。髪を守るためには、健康なヘアサイクルが欠かせません。

育毛剤などを使用するのと同時に、最後にご紹介したように食生活や生活習慣、ストレスの軽減などを意識して、健康な髪が育つヘアサイクルを作ってあげてくださいね。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP