豆乳には薄毛対策効果がある?その根拠を調べてみました!

豆乳には薄毛対策効果がある?その根拠を調べてみました!

薄毛に悩む人はとても多いです。脱毛には何らかの原因があるために、原因ごとに効果的な対策を取らなくてはいけません。薄毛対策に効果があるという食品を積極的にとることで、脱毛が改善される場合もあります。
豆乳には薄毛を改善する効果があるといわれますが、どういう根拠からでしょうか。

発毛を邪魔するホルモンと髪を育てるホルモンがある

男性ホルモンと女性ホルモンのバランス

薄毛の原因の一つに、ホルモンバランスの乱れがあげられます。ホルモンの影響で毛根の成長が妨げられたり、頭皮の血行不良が起きたりするのです。

大きく影響するのは、男性ホルモンのテストステロンと女性ホルモンのエストロゲンです。

男性ホルモンのテストステロンは、体内でジヒドロテストステロンという成分に変化します。
ジヒドロテストステロンは髪の毛を生み出す毛包に悪影響を与えて新しい髪の毛が生える邪魔をします。

反対に、女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛を育てるホルモンです。
エストロゲンは毛母細胞を活性化させ、頭皮環境の良好な状態を維持します。またコラーゲンの生成をうながすので、生えてくる髪の毛はハリとコシがあって元気です。

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが体内で取れていれば、脱毛も食い止められ、発毛サイクルも順調に進みます。

男性にも女性ホルモンが、女性にも男性ホルモンが分泌される

男性型脱毛症(AGA)の原因は男性ホルモンといわれますが、女性でも男性型脱毛症になります。
女性に男性ホルモンなんてあるのでしょうか?

実は女性の体内でも微量の男性ホルモンが分泌されていますし、男性のなかにも女性ホルモンはあります。
女性であっても生活習慣の乱れやストレスで女性ホルモンの分泌量が減れば、男性ホルモンが優勢になって発毛サイクルが乱れます。

大豆イソフラボンで、女性ホルモンに似た働きを手に入れよう

ホルモンバランスの崩れが原因である場合、育毛剤やマッサージだけではなかなか薄毛は改善されません。

そこでエストロゲンと似た働きをするという、豆乳がおすすめなのです。
豆乳は大豆が原料で大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンは植物エストロゲンの一種で、化学構造が女性ホルモンのエストロゲンととてもよく似ています。
そのため大豆イソフラボンを摂取すると、体内にあるエストロゲン受容体(エストロゲンレセプター)に結びつき、女性ホルモンと同じような働きをするのです。

豆乳で頭皮環境の改善とツヤツヤ髪を手に入れよう

頭の血行が促進されて、頭皮を健康に

豆乳や納豆など大豆食品を食べることで大豆イソフラボンをとることができます。髪の毛を育てるエストロゲンと似たような働きをしますから、豆乳を飲むことで発毛をサポートすることになります。

大豆イソフラボンの育毛効果は、頭皮の血行状態の改善です。薄毛に悩む人の多くは頭皮の血行が良くなく、頭が冷えている傾向が強いのです。血流が悪くなると頭皮にある毛母細胞などに栄養がいきわたらず、発毛がうまく進まないことがあります。

豆乳を飲み続けていると、血行が促進されて頭皮のターンオーバーが正常になります。
また豆乳には抗酸化作用があり、頭皮の健康な状態を維持して皮脂の酸化を防ぐ効果も期待できます。

豆乳のアミノ酸で髪の保湿を

もうひとつ忘れてならないのが、髪の保湿です。
豆乳にはアミノ酸が高い割合で含まれています。アミノ酸は人体を構成するタンパク質が分解されたもので、豆乳にはグルタミン酸やアスパラギン酸が多く含まれています。

グルタミン酸もアスパラギン酸も高い保湿力をもった成分なので、豆乳を毎日飲むことで髪の毛に水分が蓄えられてツヤツヤしたうるおいのある髪になり、抜けにくくなることが期待できます。

イソフラボンの適切な摂取量と、多量に摂取した場合に起きうること

1日にとる大豆イソフラボンは75mg以下が適切

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは薄毛対策に適していますが、摂取量はどれくらいが適切なのでしょうか。

大豆イソフラボンの摂取量に関しては、食品安全委員会が1日の総摂取量の目安として70~75mgとしています。
これは世界中の研究結果をもとにして食品安全委員会が決めた数値で、1日の摂取量が75mgを超えたからと言って、直ちに健康被害が出るという数字ではありませんが、安全性から考えると75mg以下が適切であるという数値です。

それでは豆乳にはどれくらいの量の大豆イソフラボンが入っているのでしょうか。

食品安全委員会のデータによれば、100gの豆乳のイソフラボン含有量は7.6~59.4mgで、平均すると約25mgです。100gの豆乳は約10ccですから、コップ1杯の量で約50mgの大豆イソフラボンを摂取できる計算です。
目安として1日にコップ1杯半くらいの豆乳が適量になります。

多量摂取については、不明点が多い

では、大豆イソフラボンを毎日大量に摂取した場合、深刻な健康被害は出るのか。
現在のところ、どんな悪影響が出るのかはよくわかっていません。日本人は長年たくさんの大豆加工食品を食べてきましたが、健康被害が出たことがないことは確かですし、継続的に大豆イソフラボンを摂取することで骨粗しょう症や乳がん、前立腺がんの予防効果があるともいわれています。

しかし乳がんの発症率や乳がん再発のリスクを高めるのではないかという意見もあり、人体における大豆イソフラボンの有効性と安全性は確立されていないというのが現状です。

そもそも大豆イソフラボンは人が健康を維持していくために不可欠な栄養素ではありません。
豆乳で適切な量を摂取すれば十分で、サプリなどで追加摂取する必要はないでしょう。

おわりに

豆乳に含まれる大豆イソフラボンはホルモンの乱れを改善して、頭皮の環境を育毛に適したものにしてくれます。
脱毛に悩んでいる人は、男女に関係なく豆乳で積極的に大豆イソフラボンを摂取して、薄毛対策に活用しましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP