育毛剤は1日に何回使うのが正しい?

育毛剤を使う男性

育毛剤を使う場合、なるべく早く効果を実感したいので使用回数を増やしたいと思われるかもしれません。

しかし即効性を求めて、1日に決まった回数以上使用することは、反対に本来あるべき育毛効果を十分に引き出せない原因になるかもしれません。

今回は、育毛剤は1日に何回使うのが正しいかについてご紹介します。

育毛剤は用量・用法を守って使う

育毛剤の正しい使用方法は、決められた用量・用法を守って使うことです。

市販の育毛剤の場合は、パッケージに用量・用法が記載されているか、パッケージ内に入っている育毛剤の説明書(添付文書)に記載があります。どちらもよく読んで、既定の用量・用法を守って使うことが、育毛剤の作用をきちんと引き出すことになります。

育毛剤によっては1日に2回(朝と夜)と決まっているものもありますし、1日1回の商品もあります。

1日の使用回数は、育毛効果を最大限に発揮するために導きだされたものですから、使用回数やタイミングを変えることは、育毛効果を上げることにはなりません。

適正な使用回数は、製薬会社などの研究所が膨大な時間とお金をかけて研究した結果から出たものなのです。

医師処方の育毛剤は、医師の指示に従う

育毛剤の中には、医師の処方箋が必要なものがあります。この場合も、必ず医師から用量・用法の指示がありますから、指示を守って使いましょう。

医師が処方する育毛剤は厳密に用量・用法を守ったほうが、育毛効果がきちんと出ます。さらに次回の診察までに使い切る量しか処方されませんから、1日に2回も3回も使用していると途中で足りなくなることもあります。

育毛剤を大量に使う期間とほとんど使わない期間が交互に来るようでは、頭皮や毛母細胞へ良い影響はありません。処方薬も、必ず用法を守りましょう。

たくさん使っても育毛効果は変わらない?

育毛剤はたくさん使えば、それだけ効果が上がると信じて1日に何回も使用したことはありませんか?しかし、そのように期待できる医学的根拠はありません。

たしかに大量の育毛剤を使うことで、効果が出るまでの期間が多少早まる可能性はあります。とはいえ、育毛効果には個人差があるため、何回も使うことで確実に育毛すると断言できません。

さらに言えば、どんなものでも大量に使用し続ければ副作用が起きる可能性が高くなります。

市販の育毛剤の場合は、よほど大量かつ長期間にわたって使い続けなければ深刻な副作用も出ませんが、既定の使用回数と同じ育毛効果しか出ないのであれば、既定の用量・用法を守るべきでしょう。

1日の総量を1回にまとめて使っても効果は上がらない

例えば1日2回、朝の洗顔時と夜の入浴後、と決められている育毛剤があるとします。この育毛剤を、1日に1回朝にまとめて使うことにしたら育毛効果はどうなるでしょうか。

おそらく、本来期待されるべきものより、ややダウンした効果しか出ないと考えられます。なぜなら、1回でまとめて使っても、頭皮に浸透していく育毛剤の量は一定だからです。皮膚への浸透量に限界があるため、育毛剤を多量に使用しても、それほど劇的な変化は得られません。

逆に、本来は1日2回の育毛剤を1回に減らせば、頭皮を柔らかくしたり血流を改善したりする効果が下がってしまいます。こちらもまた、本来の育毛効果を十分発揮できないことになるのです。

育毛効果が出てきても継続して使用する

育毛剤の効果が出てきたら、すぐに使用を中止してもいいのか。これは迷うところですが、効果があらわれてからもしばらくは継続して使用するのが正解です。

育毛剤の使用を中止すると、頭皮に必要な栄養素や血行促進効果がなくなります。従って、使用前の状態に戻ってしまい、再び頭皮環境が悪化するおそれがありますし、栄養素の補給がなくなれば毛包や毛母細胞の活性化が見込めなくなります。

発毛が十分だと感じたら育毛剤の使用回数を減らし、状態を観察しつつ止めるタイミングをはかりましょう。

飲む育毛剤は必ず用法を守って

育毛剤には頭皮に塗るタイプと薬を飲むタイプがあります。プロペシアなど、飲むタイプの育毛剤は医師が処方する医薬品です。最初に医師が診察をしたうえで最適な薬を選んでおり、1日に適正な量だけを処方しています。

副作用のリスクがあるため、飲むタイプの処方薬は一度に決められた量を超えて飲んではいけません。飲み忘れた場合は、翌日に倍量の薬を飲むのではなく、通常通りの量だけを飲みましょう。

育毛剤に限らず、処方薬には副作用があります。医師の指示通りに内服しないと、身体に悪影響が出る場合もありますから、用法は必ず守りましょう。

個人輸入の飲む育毛剤には注意する

最近はなんでもインターネットで手に入る時代です。飲むタイプの育毛剤も、海外からの個人輸入されたものがネット上で販売されています。専門の医師の診察を受けずに飲むタイプの育毛剤を服用すると副作用のおそれがあります。

もっと大きな問題は、ネット上の商品がすべて本物だとは言い切れない点です。偽物であれば育毛効果は上がりませんし、薬効成分が過剰に含まれていたり、薬剤に雑菌などの混入があったりするなど、身体に悪影響を及ぼすものもあります。

偽物だと一目で分かればいいのですが、中には正規の医薬品に酷似したパッケージで、詳しい知識がなければ本物かどうか見分けがつきにくいものもあります。

インターネット上で購入する際は、なるべく生産・販売をしている企業の公式サイトから購入することをおすすめします。

おわりに

育毛剤は、規定通りに使用することで育毛効果が最大限になります。

どんなものでも記載されている用量・用法を守ることが大前提。1日1回使用のものもあれば2回のものもありますから、必ず使用前に確認しましょう。

当サイトで人気の育毛剤はこちらから

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP