どちらを使えばいい?育毛剤と育毛トニックの違い

育毛剤を使う男性

ドラッグストアでも見かける育毛剤と育毛トニック。どちらにも「育毛」の文字があるので、どちらを使っても育毛に対して効果を得られるのではないだろうかと思ってしまいます。

しかし、実はこの二つには決定的な違いがあり、場合によっては効果を得られないこともあります。今回はその二つをどんな時に使用するのか、育毛に必要なのはどちらなのかについてまとめます。

育毛剤と育毛トニックの違いとは

同じ育毛の文字がある二つの商品ですが、育毛剤と育毛トニックでは、配合されている成分が異なります。成分が違うということは、用途も異なります。どんな成分が含まれているか見ていきましょう。

育毛剤

育毛剤は、健康な髪の育成を目的とした薬効のある成分を含んでいます。頭皮を健康で正常な状態にするために、かゆみ・フケ・肌荒れなどを起こさないようにしてくれます。成分が頭皮の血行を促進し、毛母細胞を活性化させることで栄養を届きやすい環境に整え、発毛しやすくしてくれます。

育毛トニック

育毛トニックの主成分は水とアルコールで、それらに加えてメントールなどの清涼剤が入っています。 主に、アルコールで頭皮を殺菌し、皮脂を取り除いて清潔にすることを目的として使われます。

育毛トニックの正式名称は「ヘアトニック」といい、頭皮を清潔な状態に保つことは抜け毛や薄毛予防につながりますが、育毛効果があるものではありません。

大きな違いは成分にあり!

育毛トニックはアルコールによって頭皮の皮脂を取り除き、抜け毛や薄毛予防を目的とするものですが、育毛剤は頭皮環境改善のために効果が認められている成分を配合しています。育毛に効果のある成分が含まれているのかいないのかが大きな違いです。このあたりは、頭皮ケア剤に何を求めているかで選ぶ商品が変わってくるでしょう。

育毛トニックの乱用は危険!?

「なんとなく抜け毛が気になる」、「フケを予防したい」といった理由で育毛トニックを使う方がいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、自分の頭皮環境を見極めずに育毛トニックを使用することには注意が必要です。

育毛トニックの使い過ぎは頭皮環境に悪影響を及ぼす

育毛トニックは育毛に必要な成分は含まれておらず、フケの予防や荒れを防ぐために殺菌効果の高いアルコールが多く含まれています。適度な使用は良いのですが、あまり多用してしまうと髪のたんぱく質までも分解してしまい、抜け毛や薄毛が進行してしまうことがあります。

育毛トニックは健康な頭皮を保つために使いましょう

育毛トニックは薄毛や抜け毛を予防するもので、すでに進行した状態を改善するものではありません。現在の健康な頭皮を保つために使うものですから、頭皮に塗ったあとはマッサージを行い、しっかりと乾かしましょう。

マイルドな成分を選ぶこと

できれば天然成分が配合されていて、添加物などができるだけ少ない「薬用育毛トニック」を選びましょう。成分が良いもので、肌に優しいものであれば健康な頭皮を保ち、抜け毛やフケの予防効果もより期待できます。

すでに薄毛の悩みがあるなら育毛剤でのケアが大切!

すでに薄毛や抜け毛が増えてきて気になっているのであれば、育毛トニックではなく育毛剤を使って発毛を促すことが大切です。

育毛剤には発毛しやすい環境作りの成分が豊富

育毛剤は健康な髪が発毛しやすくなるように頭皮環境を整え、頭皮に栄養を与えることを目的にしています。育毛トニックは頭皮環境を清潔に保つだけにとどまりますが、育毛剤には血行促進、抜け毛の原因となる酵素の抑制、細胞代謝の活性化させる成分が含まれ、頭皮に直接作用します。

男性用、女性用では成分が違う

育毛剤の中には兼用というものもありますが、男性と女性では育毛に必要な成分が違います。合わないものを使うと育毛効果を得られないだけでなく、副作用が起こる場合もあるので、自分にあった育毛剤を選びましょう。

おわりに

薄毛・抜け毛に悩まされないようにするには、かぶれやかゆみはないのか、頭皮が固くなり血行が悪くなっていないのかなど、今の自分の頭皮環境をしっかり把握することが大切です。

今の髪をキープしたい、薄毛になりたくないのであれば育毛トニックを使い、すでに抜け毛や薄毛が気になるようであれば、育毛剤を使い発毛を促進させましょう。

人気の育毛剤をチェックしたい人はこちらから

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP