「白髪は抜くと増える」って本当?白髪の正しい対処法と予防法

白髪を確認する男性

黒髪の間に白髪を見つけるとショックですよね。どんなにきれいにセットしても白髪があるだけで年を取って見られてしまいます。そうなると白髪を見たら抜いてしまいたくなるのは当然でしょう。

しかし「白髪は抜くと増える」といううわさがあります。抜きたいけど、白髪が増えたら困る、という気持ちに悩まされることになってしまうのではないでしょうか。

実際には、白髪は抜いても増えるということはありません。抜いたところで同じ毛根から生える髪が増えるわけではないからです。しかし、抜くのはおすすめしません。

抜くという行為は毛根周辺に無理な力がかかるということです。下手をすると周辺組織が傷ついてしまいます。それに白髪を抜いても白髪でなくなるわけではありません。

では白髪を見つけたらどうしたらいいのか、白髪の仕組みを知って考えてみませんか?今回は、髪が白髪になる理由と、髪を白髪にしないためにできることがあるのか、ということについてご説明します。

白髪は抜いても増えないが抜くと弊害も

髪はそもそも最初は白髪として誕生します。できた髪にメラノサイトがメラニンで色をつけることで髪の色が付けられるのです。通常髪を作る毛母細胞とメラノサイトは隣り合っています。

このメラノサイトがなんらかの理由で働かなくなったり、メラニンの受け渡しをしなくなったりすることで白髪になるのです。白髪の原因はメラノサイトの機能不全なのですから、髪を抜いたところで、また次も着色されない白髪が生えてくるだけです。

白髪を抜くという行為は、いったん白髪を減らしたかのように見えますが、それは一時的なものです。また、無理に抜いたことで毛穴周辺の組織が傷つき、炎症が起こったり、雑菌が入ったりすることも考えられます。

さらに怖いのは、髪を作る毛母細胞自体を傷つけることです。くれぐれも無理に白髪を抜くのはやめましょう。どうしても気になるなら、白髪だけ短く切ってしまうか、染めるのが現実的です。

最近は部分染めにも使いやすいものが多いので、ぜひ利用してみてください。髪を抜くという行為は、長期的に見ると頭皮を弱らせて育毛を阻害することになりかねません。本当に髪が大切なら、髪の育つ場所である頭皮も大切にするべきでしょう。

一度白髪になったら元に戻らない?

白髪になってしまった場合、メラノサイトが働かない状態に陥ったと考えていいでしょう。そこで気になるのは、白髪は元の色の付いた髪に戻るのか?ということです。

これには、髪に色をつけるメラノサイトがどういった状態なのかが関係して来ます。なんらかの理由で、メラノサイトがうまく働かなくなっただけの場合は、その問題点を改善すれば元の色つきの髪に戻る可能性があります。

しかし、メラノサイトが完全に機能を失ってしまっている場合は、再び元に戻ることはありません。この違いは主に加齢によるものかどうかで判断されるようです。

まだ白髪になる年齢でもないのに白髪になった場合は、髪を作るための栄養が不足しているか、メラノサイトとつながっている自律神経に問題があることが多いとされています。

この場合は、必要な栄養を補給するか、ストレスを解消することでメラノサイトの働きを再び活性化することができます。しかし、加齢でメラノサイトの働きが衰えてしまった場合、ほとんど機能が戻ることはないのです。

白髪を防ぐには

白髪になる原因がわかれば、その対策を採ることができます。白髪を防ぐために、メラノサイトの機能が十分に働く環境を維持する必要があります。

まず栄養不足になる原因としてよくあるのが血行不良です。これは薄毛などの原因にもなり、髪を健康に育てる上での大きな障害です。頭皮の血行を良くするためには頭皮環境を整えるのが一番です。

頭皮の保湿や、過度の刺激を与えないこと、紫外線を当てないなどの対策を採る必要があるでしょう。次に過分なストレスを抱えないことも大切です。ストレスがひどいときに円形脱毛症になる場合もあるように、ストレスは髪に大きな影響を及ぼします。

メラノサイトは自律神経とつながっているので、その影響を受けやすくなっています。また、メラノサイトを活性化させる栄養摂取も効果的です。メラノサイトにいい栄養素としては、カロチノイド、タンパク質、銅、亜鉛、ビタミンB群が挙げられます。

ほとんどが髪に必要な栄養素と同じですが、メラノサイト独特のものとして、カロチノイドがあります。カロチノイドというのは緑黄色野菜などに含まれる天然色素のことです。

おわりに

「白髪は抜くと増える」といううわさは本当ではないということはわかったと思います。しかし、抜いたところでまた同じように白髪が生えてくるだけであり、それどころか毛根やその周辺組織を傷つけることにもつながるので、抜くのは避けたほうが良いのは確かです。

白髪は抜くよりも、白髪染めなどでカバーするほうがいいでしょう。白髪には遺伝的なものや加齢によるものがあり、そういうものの場合は、白髪になるのは避けられないこともあります。

しかし、血行不良や栄養不足、ストレスなどが原因となって、メラノサイトの働きが弱まって白髪になることもあります。そういった事態を防ぎ、健康な髪を育てることはできるのです。

頭皮の血行を良くして、必要な栄養を摂取し、ストレスをためない生活をする。それでイレギュラーな白髪に対抗できます。加齢ならともかく、それ以外の問題で白髪にならないように、毎日の生活の中で気をつけていきましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP