グリチルリチン酸2K(甘草エキス)

読みがなぐりちるりちんさんつーけー(かんぞうえきす)

英訳dipotassium glycyrrhizate

参考-

グリチルリチン酸2K(甘草エキス)

特徴

グリチルリチン酸2K(甘草エキス)は、マメ科の甘草の根や茎から抽出・生成した成分で、グリチルリチンの誘導性です。甘草は4000年前からも薬用植物として使用されており、古代エジプトの文書にその記録が残っています。名前が示す通りその根は甘く、砂糖の100倍以上の強い甘みを持っていますが、その甘みの主成分がグリチルリチンです。甘味料としても、醤油や漬物、水産加工品にも使われています。

化学構造がステロイド性抗炎症成分と似ているために、優れた抗炎症、抗アレルギーを持つと考えられています。そのために化粧品やニキビ治療、育毛剤だけではなく風邪薬や胃腸薬、点鼻薬・点眼薬にも使われています。

グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸ニカリウムとも呼ばれていますが成分は同じです。


効果・効能

抗炎症作用だけではなく、高い殺菌作用があり、フケ・かゆみ・炎症を抑える効果があります。育毛効果はないものの、頭皮環境を整えて健康的な地肌になることにより、抜け毛の防止や育毛効果が期待できます。

また、グリチルリチン酸2Kには、白血球の免疫細胞を活性化する働きがあり、外部からのウイルスや細菌に負けない強い頭皮を作ると言われています。乾燥肌や脂性肌で頭皮環境に問題を抱えているのであれば試してみる価値はありそうです。


副作用・使用方法・用量などの注意点

副作用に関しては、過剰に摂取した場合は偽アルドステロン症は発症し、むくみ、血圧の上昇、筋力低下、脱力感、頭痛などの症状があると言われています。グリチルリチン酸として1日最大服用量40mg以上(甘草として1g以上)、医薬品での1日の摂取量は200mgに制限されています。

開発者によると副作用に関しは内服に限られそうですので、育毛剤に使用されている場合は特に気にする必要はなさそうです。


グリチルリチン酸ジカリウム
目的炎症抑制
効果・効能頭皮の炎症を防止し、フケ・カユミを抑える。
副作用摂取量が1日量40 mgを超えた場合、偽アルドステロン症を発症する可能性がある。

グリチルリチン酸ジカリウムが含まれる育毛剤

チャップアップ(育毛剤)
マイナチュレ(育毛剤)
薬用ポリピュアEX(育毛剤)
薬用プランテル(育毛剤)
ベルタ育毛剤(育毛剤)
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP