酢酸DL-a-トコフェロール

読みがなさくさんでぃーえるあるふぁーとこふぇろーる

英訳acetic acid dl a tocopherol

参考-

ビタミンE

特徴

酢酸DL-a-トコフェロールとは、酢酸ビタミンEとも呼ばれる合成ビタミンEのことです。

ビタミンE誘導体とも表現されますが、これは化合物の分子内の一部分のみが変化してできたものという意味で、誘導体化することで吸収性や溶解性を高めることができ、副作用などのリスクも軽減できるというメリットがあります。水に溶けないよう加工されていますが、植物オイルには溶けるなどの性質を持っています。粘着性のある黄色の透明な液で、匂いがないのも特徴です。

酢酸DL-a-トコフェロールは、肌への活性作用、血管拡張作用、血行促進作用などがあるため、肌あれや日焼けによるシミ・そばかす、にきび、ふけ、脱毛を防止する目的で主に使われることが多いです。成分としての安全性も高く、大豆、胚芽米などの食品にも含まれている他、目薬などにも配合されています。


効果・効能

酢酸トコフェロールは、毛細血管の血流を良くするという作用があるため、手足のしびれや頭痛、めまいなどの症状を緩和し、代謝を良くするという効果が期待できます。

抗酸化作用、抗炎症作用という効果もあり、紫外線からの影響を強く受けてしまう頭皮のダメージを軽減してくれます。育毛には、頭皮の酸化や老化が一番の大敵なので、育毛剤に含まれる成分の中でも重要な効能を発揮します。


副作用・使用方法・用量などの注意点

酢酸DL-a-トコフェロールの副作用としては、胃への不快感、下痢や便秘などが報告されています。過剰に摂取した場合には、目のかすみやめまい、吐き気などの症状が出ることもありますので、ぜひ気を付けましょう。

育毛剤に関しては、お風呂あがりにケアするなど、使用シーンがある程度決まっているため大丈夫かと思いますが、気軽に摂取できてしまうサプリメントなどは摂り過ぎに注意してください。


酢酸DL-a-トコフェロール
目的末梢血管拡張・血行促進・抗炎症・抗酸化
効果・効能清潔な頭皮を維持して髪が生えやすい環境を整える
副作用胃への不快感・下痢・便秘

酢酸DL-a-トコフェロールが含まれる育毛剤

マイナチュレ(育毛剤)
ナノアクションD(育毛剤)
ベルタ育毛剤(育毛剤)
Wアプローチヘアプログラム(育毛剤)
長春毛精(育毛剤)
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP