薄毛は遺伝する? 薄毛遺伝子の存在を理解して、薄毛対策をより確実に!

薄毛は遺伝する?そのメカニズムとは

「薄毛は遺伝する」という話はとても有名ですよね。自分の親が薄毛だったため、自分もいずれは薄毛になってしまうのでは?という不安を抱えている人も多いと思います。今回は、薄毛になる原因として遺伝が入ってくるのかどうなのかということをお話していきたいと思います。

もっとも遺伝の影響を受けるのはAGA!

薄毛にもさまざまな種類があり、どのような症状が出るかというのには個人差があります。男性か女性かということでもその特徴は異なるものですが、どれも遺伝の影響を少なからず受けていると言って良いでしょう。その中でも、もっとも遺伝の影響を受けやすいのがいわゆる男性型脱毛症、AGAです。

AGAのメカニズム

AGAのメカニズムとは男性ホルモンであるテストステロンと、5αリダクターゼという酵素物質が結びつき、「ジヒドロテストステロン」という新たな男性ホルモンへと変化します。実は、このジヒドロテストステロンが脱毛のスイッチを押してしまっているのです。

この男性ホルモンの一種は、頭皮の「アンドロゲン受容体」というものに結着すると、皮脂を大量に分泌し、毛穴を塞いでしまいます。毛穴が圧迫されれば、それだけ毛髪に栄養も行き届かなくなるため、髪の毛の成長に悪影響を及ぼしてしまうというメカニズムです。このジヒドロテストステロンの分泌量というのが、遺伝的要素に左右される部分で、元々オイリー肌タイプの人は特に分泌してしまいやすいと言われています。

遺伝の仕組みって?

では、ここで遺伝の仕組みについて考えてみたいと思います。遺伝とは父親の精子と母親の卵子、それぞれが持つ染色体を受け継ぐということです。男性は父親から「Y染色体」、そして母親から「X染色体」を。女性は父親から「X染色体」、母親からも「X染色体」を受け継いでDNAを構成しています。

薄毛遺伝子「デンセイホルモン遺伝子」の存在

遺伝により薄毛になりやすくなる原因を作っているのは、薄毛遺伝子の「デンセイホルモン遺伝子」というものです。このデンセイホルモン遺伝子は、2005年にフランスのボン大学の研究チームが発見したもので、薄毛になる人のX染色体の中に含まれる男性ホルモンに異常・変異が見られるという研究結果を発表しました。

先述したアンドロゲン受容体というのが、まさにこのデンセイホルモン遺伝子のことです。要するにジヒドロテストステロン、デンセイホルモン遺伝子の2つが結びつくことで薄毛の原因が生み出されているということになります。

薄毛の原因は意外にも母親から受け継いでいた!?

デンセイホルモン遺伝子が薄毛になる人のX染色体に含まれているのだとしたら、AGAの原因は母親から受け継いでいるということになります。男性の薄毛の場合、どうしても父親とその親、父方の祖父が薄毛であったかということに注目が集まりがちですが、これは間違いです。母親から受け継ぐ染色体に本当の原因があるということなのですね。

ただし、メカニズムとしてはそうなのですが、母親が薄毛ではないから自分も薄毛にならないというのは少し違います。女性の場合は薄毛遺伝子を持っているとはいえ、その前に女性ホルモンも持っています。そもそも女性ホルモンに薄毛の進行を妨げるという作用があるため、簡単には薄毛になりません。

ですので、さらに遡り母方の祖父が薄毛であるかどうかということに注目すると、自分の薄毛遺伝子の有無も自ずとわかるのではないかと思います。

遺伝による薄毛の対策法はないの?

ここまでは、どのように男性の薄毛が遺伝で受け継がれるのかということをご紹介してきました。内容を見た限りでは、薄毛遺伝子を持っている人は対策しようもないというような印象を受けたかもしれませんが、そんなことはありません。

上記のような薄毛遺伝子を持っている人に当てはまる場合でも薄毛にならない人はたくさんいますし、あくまでも確率の問題で、100%という話では無いからです。では、薄毛遺伝子を持っている場合、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。

薄毛遺伝子を持っていることを自覚し早めに行動を起こす

薄毛遺伝子を持っている、持っていないに関わらず、全員に共通して言えることだとも思いますが、何よりも早い段階で薄毛対策に乗り出すことが一番の対策法です。

特にこの記事を読んでくれている方は、自分が薄毛遺伝子を持っていそうか、そうでないかという判断が大分付いているのではないかと思います。少しでもこの先に不安があるという方は、ぜひ早めの対策をしていきましょう。

具体的には育毛剤を使ってみたり、シャンプーを変えてみたり、などの外的な予防策と、バランスの取れた食事をする、適度な運動をする、タバコをやめるといった内的な生活習慣対策がいいと思います。何事も継続しなければ成果は出ませんので、長期に渡った対策が出来ればそれに越したことはありません。

おわりに

いかがでしたか?今回は薄毛のメカニズムのひとつとして、「遺伝」というテーマを取り上げてみました。今回の記事でもしかして…という風に思われた方は、育毛活動をぜひスタートしてみてください。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP