「びまん性脱毛症」の原因とは?瀰漫性脱毛症の症状と治療法

M0002-034-2

薄毛の悩みと言えば男性をイメージする方も少なくありませんが、女性の中にも薄毛に悩まされている方はいらっしゃいます。

脱毛症にも色々なものがありますが、今回紹介する「びまん性脱毛症」は女性特有の脱毛症であり、この症状に悩まされている女性は少なくありません。 女性特有の病気であることから、この脱毛症の原因や治療法は男性の脱毛症とは少し違いが見られます。

ここでは、びまん性脱毛症の原因に加え、症状や治療法などについて説明をしていきます。

びまん性脱毛症になるとどんな症状が出るの?

びまん性脱毛症の症状は円形脱毛症などとは違い、頭部の全体で脱毛が生じます。そのため、毛髪が全く生えていない、いわゆる「ハゲた部分」ができる病気ではなく、髪の毛全体のボリュームが少しずつ減ってくるのです。 この症状が進むと、ボリュームがなくなることによって髪の毛が「ぺったんこ」の状態になってしまったり、髪をかき分けた時に地肌が見えやすくなったりしてしまいます。びまん性脱毛症が出てしまうとお洒落を楽しむことが難しくなりますし、人前に出ることも億劫になり、大きなストレスを感じてしまうのです。

この脱毛症は継続的に症状が出る例も少なくないため、髪型を変えるなど一時的な対策だけでは乗り切れないこともあります。そのため、原因を解決すること、そして最善の治療法を選ぶことが重要になってきます。

びまん性脱毛症の原因は?

びまん性脱毛症の原因に最も多いのは老化です。 ヒトの身体は老化が進むと毛髪を発毛、育毛する能力が衰えてきますし、頭皮の肌も弱ってきます。老化によって少しずつ脱毛が進み、気付いた時にはびまん性脱毛症になっているといったケースが多いのです。

ダイエットもこの脱毛症の原因のひとつと言われています。過度な食事制限などのダイエットをすると、身体は栄養失調になってしまいます。この栄養失調が毛髪を発育する能力に悪影響を与え、びまん性脱毛症を発症してしまう恐れがあるのです。

一方、びまん性脱毛症が心配だからと言って、ヘアケアをしすぎることにも注意をしなくてはなりません。ヘアケアをしすぎると逆に肌に大きな負担をかけてしまうこともあり、それが結果としてこの症状に繋がってしまうケースもあるのです。 他にもピルやストレスなど、びまん性脱毛症の原因と言われているものには複数のものがあり、症状改善のためには何が原因なのかをしっかりと見極めることが大切です。

びまん性脱毛症はどうやって治療するの?

びまん性脱毛症の治療法としてはまず、育毛剤を使用するという手段が挙げられます。 血管拡張剤や栄養剤などが効果的であるとされており、その中でも特に、植物から採取される糖類が含まれた育毛剤は効果性が高いと認識されています。

育毛剤にはさまざまなものが見られますが、男性専用の育毛剤を使用してはいけません。男性専用の育毛剤の中には女性の身体に悪影響を及ぼすものがあり、妊娠リスクが高まってしまうなどの副作用が確認されています。そのため、育毛剤はしっかりと自分の身体に合ったものを選ぶようにしましょう。 また、ダイエットやヘアケアを一時的に中止することも、治療に繋がります。身体にも心にも極力ストレスや負担を与えないようにし、しっかりと療養することが症状を抑えること、発症を防止することに繋がるのです。

頭皮環境を整えるには食生活の改善も重要です。健康的な毛髪が発育されるように、バランスの良い食事を心がけることが大切になります。びまん性脱毛症を発症してしまった場合には、一度自分の食生活を見直してみましょう。

おわりに

びまん性脱毛症は緩やかに進行することもある病気なので、自覚した頃には脱毛がかなり進んでいる場合もあります。 初期段階に気付くことができればその分治療にかかる時間も短縮できるため、自分の頭髪の変化を敏感に感じ取るようにしましょう。

   
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP